キンプリが2022紅白歌合戦落選の危機?理由3つとネット上の声を紹介!

スポンサーリンク

20代を中心に絶大な人気があり、今やジャニーズを代表するキンプリ(King&Prince)。

そんなキンプリが

2022年末の紅白歌合戦への出演が落選の危機?!

と噂されています。

人気急上昇中で、出演しそうな勢いですが、なぜ落選の危機という噂になっているか気になりますよね。

そこで今回は、キンプリが2022紅白歌合戦落選の危機と噂される3つの理由をご紹介します。

紅白のジャニーズ出演枠は5組で、他で勢いがあるグループがあり、そことの接戦でギリギリになりそうとのことです。

キンプリが2022紅白歌合戦落選の危機と言われる理由3つ

自分たちの冠番組も持ち、人気急上昇のキンプリは、

2022年の紅白歌合戦も余裕で確定しそうな勢いと思われましたが、なぜか落選の危機?

と言われています。

そう噂される理由が3つあります。それがこちらです。

理由①:2022紅白ジャニーズ枠は2021年同様5組?
理由②:4組はSnow Man、SixTONES、なにわ男子、関ジャニ∞が確実?
理由③:NHKは中堅グループに出てもらいたい?

どういうことなのでしょうか?
せっかくなら、紅白歌合戦でキンプリの姿を年末に見たいですよね。。。

順番に説明していきます。

理由①:2022紅白ジャニーズ枠は2021年同様5組?

1つめの理由は、2022年の紅白ジャニーズ枠は2021年同様5組?と言われていることです。

例年、ジャニーズ枠は確保されていますが、年によってその枠は異なります。
しかし、近年では5組程がジャニーズ枠として固定化しています。

こちらが、2001年~2021年までのジャニーズの紅白歌合戦出演グループです。

出演グループ ジャニーズ枠 白組数
2001年
(第52回)
TOKIO 1 27
2002年
(第53回)
TOKIO
SMAP
2 27
2003年
(第54回)
TOKIO
SMAP
2 31
2004年
(第55回)
TOKIO 1 28
2005年
(第56回)
TOKIO
SMAP
2 30
2006年
(第57回)
TOKIO
SMAP
2 27
2007年
(第58回)
TOKIO
SMAP
2 27
2008年
(第59回)
TOKIO
SMAP
2 27
2009年
(第60回)
TOKIO
SMAP

NYC
4 25
2010年
(第61回)
TOKIO
SMAP

NYC
4 22
2011年
(第62回)
TOKIO
SMAP

NYC
4 27
2012年
(第63回)
TOKIO
SMAP

NYC
関ジャニ∞
5 25
2013年
(第64回)
TOKIO
SMAP

関ジャニ∞
Sexy Zone
5 26
2014年
(第65回)
TOKIO
SMAP

関ジャニ∞
Sexy Zone
V6
6 24
2015年
(第66回)
TOKIO
SMAP

関ジャニ∞
Sexy Zone
V6
6 26
2016年
(第67回)
TOKIO

関ジャニ∞
Sexy Zone
V6
Kinki Kids
6 23
2017年
(第68回)
TOKIO

関ジャニ∞
Sexy Zone
Hey!Sey!Jump
5 23
2018年
(第69回)

関ジャニ∞
Sexy Zone
Hey!Sey!Jump
King&Prince
5 22
2019年
(第70回)

関ジャニ∞
Hey!Sey!Jump
King&Prince
Kis-My-Ft2
5 21
2020年
(第71回)

関ジャニ∞
Hey!Sey!Jump
King&Prince
Kis-My-Ft2
SixTONES
6 20
2021年
(第72回)
関ジャニ∞
KAT-TUN
King&Prince
SixTONES
SnowMan
5 21

こうみると、

やはり5枠くらいが通年の枠なので、2022年も5枠程度とみるのが妥当かもしれません。

問題は、この5枠に、キンプリ(King&Prince)が入れるかどうか?ですよね。

それはこのあと紹介していきます。

理由②:4組はSnow Man、SixTONES、なにわ男子、関ジャニ∞が確実?

ジャニーズ枠を5枠とした場合、4組はSnow Man、SixTONES、なにわ男子、関ジャニ∞が確実だという噂があります。

2022年の紅白歌合戦への出演が確実と噂されるグループ
・Snow Man
・SixTONES
・なにわ男子
・関ジャニ∞

 

まず、楽曲の売り上げ状況などから、Snow Man、SixTONES、なにわ男子の3組は出場確実と言われています。

「Snow Manは、2022年に発売したシングル『ブラザービート』『オレンジkiss』が軒並み80万枚超えのビッグセールスを記録。ライバルのSixTONES(ストーンズ)も、『CITY』が上半期のオリコンランキング1位、なにわ男子もシングル『The Answer/サチアレ』を約60万枚売り上げており、この3組は当確でしょう。
引用元:SmartFLASH

関ジャニ∞は、紅白の連続出場記録を10回に更新しており、ほぼ「常連」ということで確定するでしょう。

また、先日発表された年末の「18祭ドームツアー」も年末年始にかぶせなかったこともあり、恐らく確定しているのでは?と言われています。

ちなみに先日、発表されたドームツアー『関ジャニ∞ ドームLIVE 18祭』については、以下の記事で詳しく紹介しています!

そうなると、残り1枠ですよね。。。キスマイとかもいますし、中々厳しい戦いです。。。

キンプリが紅白歌合戦落選の危機と噂されている理由は、さらにもう1つ理由があるようです。

このあと紹介していきます。

理由③:NHKは中堅グループに出てもらいたい?

NHKサイドとしては、ジャニーズの中堅グループに出てもらいたいという意向もあるようです。

ここで、2022年の紅白歌合戦への出演が確実と噂されるグループをおさらいしましょう

Snow Man
SixTONES
なにわ男子
関ジャニ∞

 

関ジャニ∞を除き、かなり若いグループが続いていますよね。
これまでKinki KidsやKAT-TUNといった中堅グループが入っていたこともあり、すこし年齢のバランスが悪いようにも感じますよね。

この年齢バランスの悪さから、キンプリは落選してしまう可能性があるとのことです。

フラッシュでも、芸能ライターがそのように語っているようです。

NHKサイドとしても、若手グループばかりになるよりは、JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zoneなどの中堅グループに出てもらいたいという思惑があります。
引用元:SmartFLASH

テレビ番組ではあるので、全体のバランスをみて、最終的には決めるでしょうが、
ここまでの情報を踏まえると、確かにギリギリな感じもしますよね。。。

ネット上の声では、まさかの落選の噂にドキドキ

ネット上では、キンプリファンの方々が、まさかの落選危機に青ざめ・ドキドキしているようです。

紅白出場の選考時期次第で、楽曲の売り上げがカウントされないことを嘆く声もありました。

まさかの落選の危機にがっかりしている方も。。

また、ジャニーズ枠次第であることを踏まえて、ドキドキされているといった声もありました。

ジャニーズ枠の用意がどれだけあるかにもよりますが、いずれにせよ、11月上旬には結果が出ていると思います。

ドキドキしますよね。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、キンプリが2022紅白歌合戦落選の危機と噂される3つの理由をご紹介しました。

音楽にドラマに人気急上昇中なので、是非紅白歌合戦でもその姿を見たいですね!
期待して待ちましょう!

スポンサーリンク
Johnnys
スポンサーリンク
ハルカゼTREND
タイトルとURLをコピーしました